シリーズレギュレーション確定版

目次

・第1条 一般規則

・第2条 レギュレーション改正および追加

・第3条 シリーズの定義

・第4条 シリーズ参戦とスポット参戦

・第5条 チーム

・第6条 個人エントリー(毎レースの参戦方法)

・第7条 車両規定

・第8条 16人以上の参加者がいる場合

・第9条 ルームオープンから予選開始まで

・第10条 予選(決勝グリッド確定)

・第11条 予選から決勝まで

・第12条 トラブル

・第13条 ぺナルティ

・第14条 コーションの発動権

・第15条 ドライバーポイント

・第16条 チームポイント

・第17条 チェイス・フォー・ザ・チャンピオンシップ



第1条 一般規則

1・本シリーズを「Miki Clean NASCAR Championship」と呼称し以下でMCNCと以下で略称する。

2・参加する者は運営の指示に従い、マナー、規律、秩序を守らなければならない。

3・NASCAR独特の戦略を駆使しレースマナーを守り楽しむ(enjoyする)

4・不測の事態や運営方針などは運営に一任することを了承する。

5・本HP及びツイッターアカウントにPS-IDが掲載されることを了承する。

6・NASCARにある程度なれている。 (決勝で他車の迷惑にならない最低限度のスキルを身につける)

7・時間厳守する。

8・いかなる場合であっても消してSNSなどでの誹謗中傷などは消して許されず、参加を一切認めない。また抗議や苦情は運営を通さなければならない。

9・レギュレーションを改善、レースがスムーズにいくための提案をする。

10・もし急用など参加できなくなった場合は運営に連絡してください。連絡方法はツイッター、掲示版などでお願いします。

14・決勝レースは45min~1.5h。

15・MCNCはシリーズ参戦あるいはスポット参戦の2つの形式でなる。

16・車種変更は1人2回までとする。また1度使用した車種の使用を禁ずる。

17・エントリーはシリーズ開幕前事前エントリー期間、中間変更期間、各ラウンド直前エントリー期間でエントリーを行う。ただし、スポット参戦に関してはエントリー期間外でも運営に直接にエントリー申請をすることを認める。

18・Rd.3、Rd.6の終了後を中間変更期間と定める。(詳しくは第5〜7条を参照)

19シリーズ開幕前事前エントリー期間と中間変更期間では期間終了後に車種状況、チーム解散などを開示する。

 

第2条 レギュレーション改正および追加

1・レギュレーションの改正は「運営本部」「議題取締長」「レギュレーション議会」からの表決により参加者の票数が40%が賛成した場合に採択される。ただし「レギュレーション議会」からの提案は「運営本部」からの表決の承認が必要である。

2・賛否は1人一票 (どちらでも良い、保留は票を破棄とし票数に含まない)

3・表決は本部が掲示板あるいはクラブフォーム、即時投票にて行う。

4・改正および追加されるレギュレーションの施行は同じく表決をもって決める。

 

第3条 シリーズの定義

1・本シリーズは計10回のレースを予定する。

2・7ラウンドからは「チェイス・フォー・ザ・チャンピオンシップ」を適応する。

3・MCNCはドライバー、チームに対する2つのタイトルから成る。

4・第10戦を終了時にポイントが一番高いドライバー/チームをMCNCチャンピオンに認定する。

5・エントリー申請が8人以上でレースを開催する。

6・予選開始時刻に4人以上だと予選を行う。

7・決勝レース開始時刻に6人以上の参加でレースを行う。

8・レース当日の参加者が7人以下の場合、周回数を半分とする。

9・決勝レースは出場枠は15人とする。(+運営で16人でレース)

 

第4条 シリーズ参戦とスポット参戦

1・シリーズ参戦ではドライバー、チームポイントをMCNCで争うことが可能である。またポイント、使用車種はシリーズを通して保持できる。

2・スポット参戦はチームポイントは争うことができず、ドライバーポイントのみで争うことができる。また、2戦連続して欠場した場合はランキングから抹消する。車種変更は下記、第5条4項を適応する。

3・シリーズ参戦=チーム参戦(1人or2人)、スポット参戦=個人参戦(1人) なお個人エントリーについては、第6条を参戦。

4・スポット参戦での初申請の場合、申請から3戦以内はシリーズ参戦とする。


第5条 チーム

1・シリーズ参戦でMCNCに参加する場合はチームエントリーの義務を有する。

2・チーム定員は2人とし、同じ車種を使用する。(2人でのエントリーを推奨します)

3・チーム名、メンバーの変更は中間変更期間以外、認めない。

4・シリーズを通してRd.3終了後、Rd.6終了後にチーム解散、車種変更期間とする。

5・チームを解散するドライバーは運営に解散申請をする。(どちらかが解散申請してもチーム解散とする)

6・チーム解散したドライバーは次の開催するラウンドまでにチームを再編成する。ただし、1度使用した車種の使用を禁ずる。

7・解散した場合はチームポイントをリセット(0ポイント)、車種の変更が可能である。ただしドライバーポイントのリセットは免除。

8・車種変更はチーム代表が車種変更申請を行う。また車種変更をする場合はチームポイントを-150ptとする。

9・個人でのチーム参戦の場合は、初参加から3つ目のラウンドが開催するまでに2人体制に編成する義務を有する。ゆえに、スポット参戦者と他の1人チームとペアを組むこと、3項と6項の後述の免除をこの時のみ認める。前述の規定を違反した場合はスポット参戦に降格する。

10・運営からドライバーにチーム脱退通告が通告されたドライバーはシリーズエントリーリストから消去され次戦が開催までにチーム設立申請(チーム名、メンバーの通知)を運営までしなければならない。

11・シリーズ辞退宣言を行った者はシリーズへ宣言を行ってから4戦は参戦できない。

12・上記10.11項を満たすドライバー所属していたチームのみメンバーの変更、チームの統合による車種変更を随時認める。(統合の場合チームポイントは高い方を採用する) 

  

第6条 個人エントリー(毎レースの参戦方法)

1・MCNCに参加する者は各ラウンドごとエントリー申請を行う。

2・1度でもMCNCにエントリー申請を行ったドライバー、チームはHPのシリーズエントリーリスト、ポイントランキングに掲載される。

3・レースエントリーを行うドライバー、チームは運営のHPの掲示板から申請する。

4・エントリーの書き込む項目などはエントリー申請のページ掲載しています。

5・Rd.2以降に初めてエントリー申請したドライバー とチーム、欠場したドライバーとチームはポイント争いに加われるようにドライバーポイント、チームポイント(最低獲得ポイント)を配布する。(ポイントは下記の「ドライバーポイント」項目に掲載しています)

6・当日のエントリーは原則として認められないが特別な理由があり、エントリー人数が14人以下、すでにポイントランキングに名前が掲載されてあれば、予選なし最後尾から決勝の出場を認める。

7・チェイスの時点で参加したレースが2件以下かチェイス直前のラウンドに参加していない場合はシリーズエントリーリストから抹消される。ただし抹消拒否申請をすれば抹消されない。抹消されたドライバーが再度エントリーする場合は初エントリーと同じ手順でエントリー申請を行う必要がある。

8・シリーズ戦途中からの初エントリー(シリーズ参戦、スポット参戦)は各ラウンドのエントリー期間(約1周間前)、中間変更期間、ボクショシンシャ―の会、のみとする。エントリー方法はHPかボクショシンシャ―の会(野良部屋ではスポット参戦のみ)あるいはクラブのフォームで運営に申請する。


第7条 車両規定

1・チーム内で車種を統一し、他のチームと車種の被りが無いようにする。

2・車種が被った場合、先に申請をしたシリーズ参戦であるチームを優先する。

3・年式が異なる場合は車種の被りとしない。

4・セッティングの変更は予選開始時刻までとする。

5・シリーズを通して車種の変更は1人2回、また上記にも掲載しているがRd.3とRd.6終了後のみ

6・シリーズ開幕前事前エントリー期間、中間変更期間のみ、シリーズ参戦では車種決定権に対してスポット参戦より優先権を持つ。ただし中間変更期間では既に参戦している方の使用車種に対しては優先権がない。(使用車種は必ずキープ)


第8条 16人以上の参加者がいる場合

1・エントリーしたドライバーでシード権(第7条参照)を与えたドライバーは優先され、決勝レースに参戦できる。シード権は下記の規定を満たすドライバーに与えられる。

・ドライバーランキングで上位5名

・前回のラウンドでポールトゥーウィンを達成

・第1期でドライバーポイント上位5名(Rd.3まで適応)

2・残りの枠を予備予選レースか予備予選タイムトライアルを行い上位のドライバーから順に決勝に出場することができる。

3・予備予選タイムトライアルは「予選1人で走る」で10分とする。

4・予備予選タイムトライアルは決勝レースの1時間前に行う。

 

第9条 ルームオープンから予選開始まで

1・予選開始時刻の15分から30分前にルームオープンとし5分前までプラクティスとする。

2・予選開始時刻の5分前にコースをリセットしプラクティス終了する。

3・予選開始時刻の5分前にコースイン、レースにエントリー(ルームで)するとエントリー解除できず、ピットで待機する。

 

第10条 予選(決勝グリッド確定)

1・1台ずつスーパーラップをドライバーポイントランキングの下位から順におこなう。(時間の都合上予選の形式を変更する可能性がある)

2・アウトラップを含め2周(アタックは1回)とする。

3・予選前、終了後はピットで待機する。

4・ピットワープするとタイム抹消になるので注意する。

 

第11条 予選から決勝まで

1・予選終了後に「アメリカ国歌」を流しレーススタート(音声の調子によっては省かれます)

2・ピットか定められた場所で待機する。

3・トイレや電話などの用事のため要望があればレース開始を10分後まで延長の申請ができる。


第12条 トラブル

1・ラグやドライバーの半数が回線落ちなどでレース継続が困難な場合はレースを中断する。主催が回線落ちした場合は主催が戻るまでサポート人が代行する。

2・レースが継続出来ない場合は、75%以上の周回をトップが終えている場合、その時点でフィニュッシュとする。

3・周回数75%未満で中断した場合はそのラウンドの決勝レースをスキップ、または決勝レースのやり直しとする。ただし決勝レースやり直しの場合は予選結果に基づきあらかじめ確定したグリッドで行う。またスキップの場合は獲得ポイントは予選ポイントのみとする。

4・最終ラウンドのみ第3項スキップに代わり延期とする

5・ドライバー同士でのレーストラブルでぺナルティが適応される場合は運営が審議を行う。


第13条 ぺナルティ

1・基本はぺナルティはドライバーからの申請で運営が確認してから加える。(名前は匿名にします)

2・基本はドライバーの獲得ポイントを減らすこととする。

3・代表的なぺナルティ(場合によって以下の数字は変化します)

 ピットレーンでの速度違反→ -10

 ラインカット→ -5

 コーション中の追い越し→ -30

 隊列を乱す行為→ -15

 他者をスピンさせる行為-15(巻き込まれた台数、規模によって変化します)

 その他の悪質な行為は審議できめます。


 第14条 コーションの発動権

1・クラッシュ発生のときに関係したドライバーや目撃したドライバーも10秒以内にチャットで「コ」か「C」と打つことでコーションとする。(あまりにも些細なことでコーションとした場合はぺナルティの対象になることがあります)

 

第15条 ドライバーポイント

1・レースの予選と決勝順位に応じてポイントが以下の通り獲得できる。

2・1度でもエントリー申請行ったドライバーで次戦以降欠場した場合、毎レースごと100ポイントずつ加算される。(あくまでも救済処置としてポイントを設定していますので、欠場が多くなると最低獲得ポイントとほぼ同じになります。)

3・周回数が規定の75%以下は決勝ポイントは半分。

4・最終Rdは決勝ポイントのみ2倍とする。

決勝順位 

1位 185 9位 138
2位 170 10位 134
3位 165 11位 130
4位 160 12位 127
5位 155 13位 124
6位 150 14位 121
7位 146 15位 118
8位 142 16位 116
   

予選落ち

回線落ち

リタイア等

115 

 

予選順位

1位 15
2位 12
3位 9
4位 6
5位 3

 

最低獲得ポイント(3月23日改正)
*各ラウンドの開催前のポイント設定です。
Rd.2開催前 110
Rd.3開催前 210
Rd.4開催前 310
Rd.5開催前 410
Rd.6開催前 510
Rd.7開催前 990
Rd.8開催前 1090
Rd.9開催前 1190
Rd.10開催前 1290

第16条 チームポイント

1・チームポイントは決勝順位に順位の良いドライバーの順位に応じて獲得できる。(予選ではポイント獲得できない) 

2・獲得ポイント及び最低獲得ポイントはドライバーポイントと同じとする。

3・最終Rdのみ獲得ポイントを2倍とする。

 

第17条 チェイス・フォー・ザ・チャンピオンシップ

1・Rd.6が終了後ドライバーポイント、チームポイントは以下のようにリセットされる。

2 ・チームポイントはチェイスの対象としない。

1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位

11位

以下

初エントリー

1080

1072

1064 1056 1048 1040 1032 1024 1016 1008 1000 990